読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あおくまのつぶやき

サラリーマンの投資記録を中心とした、雑記ブログ。他には本や漫画の感想も書くかも

2017年4月第1週投資記録

保有銘柄〉(ウエイト順・優待目的を除く)

6384 昭和真空

7187 ジェイリース

5484 東北特殊鋼

空売り

1321 225投信

〈コメント〉

新興市場の調整を受け、漏れなく私のPFも下落しています。かろうじて年初来は+ですが、これ以上調整すると、マイ転も覚悟しなくてはなりません。CPは50%をキープしておりましたが、それでも保有株は軒並み10%は下げて、キツかったです。考えればほとんどはレンジ内で動いている時に取引しているケースが多く、大きく下落・上昇するのは一瞬で、なかなかそうした相場を体験する機会は少なく、そこにむけての準備も怠っていたと反省しています。下落した週ですので、今後のためにも今週は詳しく振り返りたいと思います。

4/4

新興市場の値が大きく崩れたのはこの日でした。私がそれに気付いたのは昼休み中で、とりあえず自信のないものはすぐに売ろうということで、日本ピストンリングとグリーンズを売却しました。この日やらかしたと感じたのは、平常時を想定していた指値注文を相場が崩れたのを察知したにも関わらず、取り消さなかったことです。そのせいでこの日はトータルで買越になってしまいました。

4/5

この日も下落が止まらない。自分が年初に定めた損切りラインに達した三相電機を損切り出来高がない銘柄は下落相場では怖くて持っていられない、と痛感した。三相電機も前日に「自信のない銘柄」として売却できればよかったです。

4/6

この日は日経平均含め、全面安。損切りラインに達したグリムス損切り。一方で昭和真空を買増。

4/7

昨日の下落から小反発。東北特殊鋼・昭和真空を買増した一方で、225投信をヘッジのため空売り自分の中で空売りは選択肢になかったが、たとえ買い向かわなくても、下落相場で持ち株を持ち続けるために、ヘッジの意味で空売りを行うのは必要だと感じたので、行った。銘柄やどの市場のものにすれば良いかまでは考えるに至らず、225にしておいた。〈新興市場のヘッジとして225が適当かは検討の余地あり)下落相場になると感じた時点ですぐに空売りをしたかった。今回ならせめて4/5にはしたかった。

今週私が感じたことは、

①相場が大きく動いている時は平常時の指値注文をすぐにキャンセルする

②下落相場で出来高に乏しい・信用買い残が多い・個人が好みそうな銘柄は自信がない銘柄とみなし、初動で切る

③下落相場でも保有株を残す場合は必ずヘッジをする。

以上の3つです。

先物は+の状態で月曜日を迎えますが、正直どうなるかは読めないので、大きく相場が動くのを確認してから動きたいのと、CPを保つことは意識して、慎重に立ち回りたいです。